海の向こうでは野球国際大会が開催をされている

日本のプロ野球にはクライマックスシリーズから日本シリーズへ続きまして今年の王者を決めようとしていますが出場をしないチームや既に敗退したチームは来季に向けてチーム編成など秋季練習を行っていますがやはり監督が変わる所は大きいと思っているが今の時期に出場をしないチームを編成をして稲葉監督を率いて現在、海外に遠征をしている。

野球のワールドカップと言っても23才以下の大会で若手を中心に行っているが今回はコロンビアで行っている。

フル代表は来月の日米野球で行われますが今回はU-23として若手選手を中心に編成をしているが6名ほど社会人野球から選ばれているのでプロとアマチュア混合の代表となっているが経験も豊富で今のオフを利用して参戦をしているので面白いと感じられているがこうした機会を設けているので監督にアピールできる場だと思っているかも知れないと感じる。

アジア大会では日本や台湾などはアマチュア野球中心に編成をしていた一方で韓国はオールプロという編成なっていたがこれはリーグ戦を中断してまでこの様なチーム構成にしたが兵役を逃れる事でこうした批判もあった事で冷たくされたと言うがプロ野球全日程が終了しているのでこの様な編成をしたと言うがここでも負けられないと感じるので戦いはしているという事になる。

こうしたタイミングが一番効果があってプロの参加ができるので今が一番だと思う。

今後はフル代表で試合もあるので若手が五輪代表にどのぐらいの人が加入できるのかここから競争だと思っているかも知れないがまずは一軍で活躍をしてからだと思っている所もある。

予選リーグも始まったばかりなので戦いはこれからだと思うので海の向こう側でも試合はしているのです。コンブチャクレンズ アマゾン