我が家のアメリカンショートヘアーの猫様、初めてのオペレーション。

マンションには生後10ヶ月に達する雄の猫がある。以前、初めて去勢の手術を行うことになりました。
手術の昨日は夜更け9タイミング以降は水も食べ物も与えてはだめだという結果、料理は夕方までに済ませていつも各客間に常備やる水も片付け。夏季の暑い時期だった結果いつも以上に喉が渇くのか、水を探して家中を歩き回る身だしなみを、ゴメンねぇとつぶやきながら眺めていました。
そして手術今日、やはり朝ごはんも食べられないうちの輩はご機嫌斜めの感じ。すぐさまペット用のキャリーに入ってもらい、本当に生き物病院へ。ロビーには他にも頻度匹のワンさんたちが待っていました。ネーミングを呼ばれて来院室に入ってウエイト分析や血診療をもらい、体調もOKだという事でその日の夕方まで預けて手術をしてもらうことに。じゃあ、頑張ってね〜とアプローチを振ると、キョトンとした風貌でこちらを見つめていました。
ちなみに雄猫の時、ワンデイで手術が可能なんだみたい。雌猫の場合は一泊しないといけないそうです。
その日の夕刻、エリザベストーンを置きた状態で帰国。ちょい気迫が無く心配でしたが、トーンが邪魔で強引が低いのかパターンが不相応で妙に笑えました。三太陽も経つとトーンにも慣れた感じで食欲もいつも通りになり気迫を取り戻したようで安穏しました。
10太陽後には抜糸をするため二度と病院へ。一層抜糸上二太陽が経過していよいよエリザベストーンを外せる太陽が。ようやく自由になれたと言わんばかりに凄い勢いで毛づくろいをしていました。これからも健康で長寿やるだ。ミュゼ 鼻下