セ・リーグクライマックスファイナルステージは第3戦。

セ・リーグクライマックスファイナルステージは第3戦。DeNA井納と広島ジョンソンの対戦はある程度打撃戦が予想されました。初回から両チームともランナーを置いて攻撃をして2回に試合は早くも動きます。DeNAは筒香、宮崎と主力が抑えられましたが、嶺井と柴田の伏兵の連打でチャンスを掴みますが打者は8番井納。これで次の回は倉本からだと巡り合わせが良くなったとこのチャンスを捉えましたが、ここで井納がフルスイングを仕掛けジョンソンの内角直球をライトに運び先制点を奪いました。2球目の直球に完全に振り遅れの打球を見て続けましたが、ここは舐め切った投球が仇となりました。この1点が広島に重くのしかかることになります。広島は2回、3回長打が出てチャンスを掴みますが、井納の真骨頂である粘りの投球で0を並べます。6回に広島は井納を攻め、菊池、丸の連打でマウンドから降ろします。しかしここでラミレス監督は小刻みな継投に入り4番バティスタに三上を当てスライダー連投で打ち取ります。そして松山には左の砂田を投入。四球を出して満塁となり、広島はエルドレッド登場、DeNAは須田を持ってきて初球をレフトフライで封じました。ラミレス監督の今日は1-0で勝つという気迫が見えました。そしてエスコバー、パットン、山崎と盤石の投手リレーで勝利を掴み2勝2敗のタイに持ち込みました。この2試合打っても守ってもDeNAが躍動してきました。kireimo 料金